愛知・名古屋での法律相談、労働問題、事業継承、遺産・相続なら、信頼のおける弁護士へ

虎ノ門法律事務所 名古屋支店
名古屋支店
052-563-7101

刑事事件に関するよくある質問

事件を受けた弁護士はまずどんな活動をしますか?
どの段階で事件を受けたかにより異なってくると思いますが、通常、まず逮捕、勾留されている人と接見し、逮捕、勾留されている人から逮捕、勾留されるまでの事情を聞きます。そして、逮捕、勾留された人をどのように弁護するか方針をたてます。その方針に基づいて、今後起るであろう事態を説明し、これに対応する対策をアドバイスします。早期に事件を受ければ受けるほどその対策も多く、遅れればそれだけ限られてくると言うことになります。
事件を受けた弁護士はどの段階まで、逮捕、勾留された人を弁護するのですか?
1審と言って第1回目の裁判の言い渡しがあるまでです。 第1審の裁判の言い渡しがあり、これに不服があって控訴といって上級審の判断を仰ぐ場合は新たな事件となります。
複数の弁護士が対応すると言うことですが、 着手金や報酬金も2倍になるのですか?
いいえ、着手金や報酬金はひとりの弁護士が対応する場合と変わりません。

CONTACT

お問い合わせ・ご相談はメールでも、お電話でも受け付けております!
052-563-7101 メールでのご予約はこちら